首痛(寝違え)

朝起きると首が動かない

首に違和感を感じることがある

首の痛みが以前より増している

首が一方向にしか動かない

首がまわらない・動かないといった症状は寝違えの代表的な現れ方です。
寝違えはとくに、朝起きた時に自覚しやすい症状です。

首が動かない・まわらなくなると、仕事でも私生活でも苦しいものです。
首が動かしづらい、痛いなど違和感を感じられる場合は「たかぎ接骨院」まで
ご相談ください。

寝違えを引き起こす原因はクーラーの効きすぎや枕の高さなど意外なことが原因になることがあります。

たかぎ接骨院の首痛・寝違えの治療

施術写真

首痛・寝違えは不自然な姿勢を継続してしまったり、頚部が不自然な姿勢になることで起こります。
筋硬結による首の痛み・寝違えであれば 緊張をゆるめてあげるアプローチが必要です。
温熱療法で筋肉の緊張を緩和しそれから手技と電気の当て方を逐一変えながら施術を行っていきます。
電気施術においては、干渉波が異なる周波数を体の奥深い部分で干渉させかちあったところから、低周波を派生させる治療器を用いた施術を行っていきます。
低周波が5㎜に対し、干渉波は深部3㎝まであてることができます。
電気の力で副交感神経を刺激させ、血管拡張を促します。

お一人お一人の状態が違っていても
可動範囲の確認や筋肉の硬さなどしっかりと検査をしてから施術していきますので
安心して施術を受けられます。

たかぎ接骨院の症例

結城市 30代女性

イメージ画像(女性)家事の最中に後ろ振り向きざまに頚部を負傷され当院にご来院されました。

寝違えのような、後ろを向いた状態ではじめ来院され、まずは、筋肉の硬さ・角度を測ってから
温熱療法の治療法からはじめ筋肉を緩めるため手技でアプローチし、電気治療を行いました。
初回から首がまわるようになって帰られました。

断続的な変化を図るために何度か来てもらっています。

結城市 40代女性

イメージ画像(女性)家事をしているところ、両手で持ち上げようとして前屈みになった拍子に
力んで負傷をしてしまいました。

僧帽筋全域、首から背中の途中くらいまで手技施術を施していきました。
温熱療法をはじめ、手技によって筋肉の緊張をゆるめ、電気治療の干渉波を長めにかけました。

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください!メールフォーム、お電話はこちら

お問い合わせフォームはこちら

たかぎ接骨院。0296-33-6084。〒307-0001 茨城県結城市結城 7188-46

TOPへ戻る